ネペンテス(ウツボカズラ)

【ネペンテス・ムルエンシス】赤紫色の袋が魅力的な小型のネペンテス(ウツボカズラ)。基本情報や特徴、適正温度など【ハイランド種】

  1. HOME >
  2. 食虫植物 >
  3. ネペンテス(ウツボカズラ) >

【ネペンテス・ムルエンシス】赤紫色の袋が魅力的な小型のネペンテス(ウツボカズラ)。基本情報や特徴、適正温度など【ハイランド種】

小型で赤紫のムルエンシス。

ハイランド種っぽい見た目が良い雰囲気です。

そんな、ネペンテス・ムルエンシスを紹介していきます。

ネペンテス・ムルエンシスってどんな食虫植物?

ハイランド種の中でも人気が高く、

栽培が難しいと言われているムルエンシス。

分類から生息場所などムルエンシスの特徴を紹介します。

オススメ度 ★★★★★
栽培しやすさ ★★
入手しやすさ
価格の手頃さ
見た目の良さ ★★★★

※見た目の良さは完全に主観です

分類

分類 被子植物 angiosperms
真正双子葉類 eudicots
コア真正双子葉類 core eudicots
ナデシコ目 Caryophyllales
ウツボカズラ科 Nepenthesceae
ネペンテス属 Nepenthes
ネペンテス・ムルエンシス Nepenthes.muluensis

1964年に日本人植物学者の

掘田満氏によって発見されました。

名前の由来

マレーシアにあるムル山の名前にちなんで、

名付けられました。

捕虫袋の大きさ

サイズは最大でも10cmほどで

ハイランドの中でも小型の袋を付けます。

捕虫袋の特徴

色味は赤系もしくは赤紫色が多いですが、

中には白っぽい見た目の個体もあるようです。

くびれはほとんどなく、すっきりした印象の袋です。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)とは】世界には150種以上!?捕食袋の仕組みや花言葉、人気な種って?

続きを見る

ネペンテス・ムルエンシスの生息域

参考程度ですが、ムルエンシスの生息域の環境です。

  最低 最高
標高 1700m 2400m
日中の気温 20℃ 27℃
夜間の気温  10℃ 17℃

生長に時間がかかりますが、

高山に生息している種の中では挑戦しやすい種です。

生息場所

ムル山の高域に生息しています。

ネペンテス・ムルエンシスの価格

日本ではほとんど流通していません。

ネペンテス・ムルエンシスの相場

価格帯は不明です。

ネペンテス・ムルエンシスが購入できるお店

国内で手に入れるのはかなり難しいです。

個人輸入であれば手に入れられるかもしれません。

ネペンテス・ムルエンシスを育ててみよう

高山系のネペンテス(ウツボカズラ)はどれも個性的な種ばかりですが、

小型でハイランドらしい色味はとても魅力的ですね。

入手はかなり難しいですが、機会があればぜひ育ててみてください。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)】標高1500mから2800mまでに生息する、食虫植物マニアに人気のハイランド種、ハマタなど【計17種】

続きを見る

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)】栽培難易度MAX!?標高1600mから3500mまでに生息する超個性的なハイランド種、ローウィやエドワードシアナなど【計17種】

続きを見る

他の食虫植物を知りたい方はコチラ
【食虫植物とは】不思議な食虫植物は800種以上!?奇妙な見た目や魅力は捕食方法から4つに分けることができる?人気種から、生息域、特徴、捕食の仕組みなど

続きを見る

  • この記事を書いた人

ネペ吉

ネペンテス(ウツボカズラ)にハマった食虫植物。 仕事はセレクトショップにて8年経験ののちWEB業界に転職した。 柴犬を飼って、自然に囲まれた場所で生活をすることが夢。

-ネペンテス(ウツボカズラ)
-, ,