栽培関連

【水槽・ゲージ10選】水槽栽培?室内でオシャレに食虫植物を育てるならコレ!栽培初心者にオススメ

  1. HOME >
  2. 食虫植物 >
  3. 栽培関連 >

【水槽・ゲージ10選】水槽栽培?室内でオシャレに食虫植物を育てるならコレ!栽培初心者にオススメ

この記事はこのような方にオススメ

  • 食虫植物が上手く育たない
  • ネペンテス(ウツボカズラ)の袋が付かない
  • 冬越しをどうするか悩んでいる
  • オシャレに食虫植物を育てたい
  • 栽培用の水槽やゲージの購入を検討している

食虫植物を栽培する上で、最も頭を悩ませるのが

「温度・湿度の管理」ではないでしょうか。

特にネペンテス(ウツボカズラ)はローランド種、ハイランド種共に高湿度が推奨されている種が多いです。

高湿度でなくとも栽培自体は可能ですが、

捕食袋を付けるのには温度と湿度の管理は必須です。

そこで高湿度や温度管理が比較的しやすいのは「室内用温室」です。

ですが、室内温室はそれなりのスペースと費用が必要になります。

インテリア空間の中ではオシャレに温室を置くのはかなり難易度が高いですし、

そもそも温室を設置するほど多くの食虫植物を育てていないという方も多いかもしれません。

そこで、オシャレに演出する温度・湿度管理の容器として水槽を活用するのもオススメです。

また、オシャレさはそこまでなくとも衣類用ケースを活用して食虫植物を栽培する方もいます。

今回は、水槽やゲージの選び方と、オススメの人気商品を紹介していきます。

初めての食虫植物用ゲージの購入を検討している方や、追加での購入を考えている方の参考になったら幸いです。

ネぺ吉
最後まで読んでね~

水槽やゲージで食虫植物を育てるって?

元々は熱帯魚や爬虫類用で作られている水槽は気密性が高く、

デザインに優れたものが多く販売されています。

水槽を温室に見立て、湿度や温度をコントロールできる空間を作るというわけです。

初めて食虫植物を栽培する方に専門家がオススメする最も手頃な栽培方法が

この水槽栽培です。

ただ、水槽はガラスやアクリル性のため、価格がそれなりにするのと、

積み上げたりはできず、重量もそれなりにあるため、衣類用のケースで代用することもできるわけです。

熱帯魚用の水槽

爬虫類用のゲージ

衣類用ケース

食虫植物栽培といっても求める大きさやデザインは人それぞれです。

ただ、販売するメーカーは無数にあるし、素材や種類も多いしで、

とりあえずこれで良いかなと選んだ人も多いのではないかと思います。

栽培用の水槽やゲージの選び方

選ぶ際にチェックしておきたい5つのポイントと注意点を紹介していきます。

step
1
栽培する個体で選ぶ

step
2
デザイン・素材で選ぶ

step
3
サイズで選ぶ

step
4
価格帯で選ぶ

step
5
重量で選ぶ

栽培する個体で選ぶ

どの食虫植物を栽培するのかによって求められるサイズは異なります。

例えば、ネペンテスやサラセニアの中型種の場合は縦に成長していくため、高さが必要になります。

ディオネアやセファロタス、サラセニアの小型種であれば高さは必要なく、適度な奥行きがあれば問題ありません。

事前に自分が育てる食虫植物が1年後、3年後どのくらいのサイズになるのか把握しておくと良いです。

ネぺ吉
予測するのってむずい

デザイン・素材で選ぶ

フレームのないオシャレなガラス水槽

ガラス素材は透明度が高く、経年劣化がしにくいため、長く食虫植物栽培をしたい方にオススメです。

その中でもフレームなしの水槽を選べば、オシャレな演出もできます。

大型サイズでも高強度なアクリル水槽

強度があり、軽くて置き場の自由度が高いのがアクリル水槽です。

大型サイズは値段も上がりますが、ガラス水槽ほど重量はないので、

メンテナンスしやすいのも良い点です。

繊維強化プラスチックFRPの水槽

透明度が低いため、観賞用としての価値は下がりますが、

耐久性や保温、保湿に優れている素材です。

外気の変化にも強いので、見た目よりも機能面を重視したい方にオススメです。

爬虫類用ゲージ

ネペンテスなどゲージの高さと保温、保湿、通気とどれにも対応できるのが爬虫類用ゲージです。

底にはパネルヒーターが設置できたり、上部には通気口があったりと、

通常の水槽よりも優れた環境を作りやすいです。

衣類ケース

強度があり、サイズも幅広く、値段も安価なので、魅力的なのが衣類ケースです。

見た目にこだわらない方にはオススメです。

サイズで選ぶ

規格水槽

規格水槽と呼ばれる、縦横が理想のサイズとして作られているものは、

どのような空間であっても見栄えします。

主に、

・30cm水槽

・45cm水槽

・60cm水槽

・90cm水槽

・120cm水槽

・180cm水槽

があります。

縦型水槽

デザインに特化したものも多く、爬虫類用ゲージもこの縦長が多いです。

高さはメーカーによりけりなので、理想のサイズを見つけることができれば、

とてもオシャレに見えるでしょう。

メンテナンスが少し手間がかかりますが、それを差し引いても、

デザイン性の高さはピカイチです。

キューブ型水槽

ディオネアやドロセラ、ピンギキュラなど高さをあまり必要としない、

個体の小さな食虫植物を育てるなら、キューブ型もオススメです。

見た目も可愛いので、食虫植物のこじんまりしたデザインと相まって、

室内を彩ってくれるでしょう。

価格帯で選ぶ

素材やサイズによって値段は大きく異なります。

60cmほどの水槽であれば大抵は1万円以内で購入できますが、

90cmを超える中型〜大型水槽はガラス、アクリル共にかなりの値段になります。

衣装ケースであれば同じサイズでも2000〜5000円ほどで購入できるので、

ここは悩みどころですよね。

重量で選ぶ

水槽には必ずといっていいほど、本体の重量が記載されています。

キューブ型などの小型水槽であれば、専用の棚などは必要ないですが、

それなりの重量になる場合は水槽の重さに耐えられる棚を購入する必要が出てきます。

大きなサイズを購入する際はその点も踏まえてから購入をしてください。

注意点

よくあるのが、

・値段を最優先にして、植物が想定通りに育たなかった

・サイズを間違えた

・植物の生育が早く、サイズをもっと大きいものにしておけば良かった

・栽培する種類が増え、空間が足りなくなった

などが挙げられます。

食虫植物も生き物なので、ある程度想定していたとしても、思い通りに育つとは限りません。

購入する際は想定よりもひと回り大きいサイズくらいがちょうど良いです。

水槽?爬虫類用ゲージ?食虫植物栽培にオススメ10選

・規格水槽

・縦型ガラス水槽

・キューブ型ガラス水槽

・アクリル水槽

・爬虫類用ゲージ

・衣装ケース

この中でも食虫植物栽培に特にオススメの水槽・ゲージを厳選して紹介していきます。

安価なものもありますが、食虫植物にとって最も大事な環境づくりなので、

じっくり吟味することをオススメします。

GEX AQUARIUM マリーナL水槽ブラック 規格水槽

シンプルなGEXのスタンダード水槽です。

サイズは幅39cm、高さ28cmと小型の食虫植物であれば問題ないサイズです。

価格帯もお手頃価格なのも魅力です。

寿工芸 レグラスフラット F-4050 縦型ガラス水槽

フレームのない洗練されたガラス水槽で人気の寿工芸が出している、

縦型水槽です。

オールガラスですが、スッキリしたデザインで、

家に置くとオシャレさが段違いです。

高さを確保したい食虫植物に向いています。

寿工芸 レグラスフラット F-3050 縦型ガラス水槽

 こちらも寿工芸の縦型ガラス水槽です。

F−4050と比較すると面積は少ないですが、同じ高さに設定されていて、

場所をそこまでとりません。

テラリウムなどにも人気のサイズです。

GEX グラステリアフィット200 キューブ型ガラス水槽

GEXのフレームレス水槽です。

サイズが非常にコンパクトで幅20cm、高さ20cm、奥行き10cmとなっています。

小さなドロセラやピンギキュラを入れたらすごく可愛いです。

寿工芸  クリスタルキューブ300 キューブ型ガラス水槽


オールガラスの寿工芸のキューブ水槽です。

サイズのコンパクトさとフレームのないすっきりとしたデザインは、

小型の食虫植物と相性抜群です。

スプリング水槽 アクリル水槽

幅120cmのアクリル水槽です。

スプリングは幅広いサイズ展開で、大きなものでは幅180cmまであります。

また、オーダーメイドもできるので、大型サイズでの購入にオススメです。

オリジナルBETTA-200Lワイド アクリル水槽

 高知熱帯魚サービスが展開している小型のアクリル水槽です。

幅、高さ共に20cmとコンパクトさが人気で、

アクリル素材ならではの軽さも魅力です。

GEX グラステラリウム4560 PT2607 爬虫類用ゲージ

前びらきになっているGEXの爬虫類用ゲージです。

このシリーズは細部にまでこだわって作られていて、

底にはパネルヒーターを置けたり、上部には通気口があったりと、

メンテナンスも含めて食虫植物栽培にも理想的なゲージです。

GEX グラステラリウム6060 PT2612 爬虫類用ゲージ

こちらもGEXの爬虫類用ゲージです。

幅が61cmあるワイドタイプで、大きく成長が見込めるような食虫植物にも

合うサイズ感です。

アイリスオーヤマ 衣装ケース

 幅44cm、奥行き74cmのアイリスオーヤマが展開している衣装ケースです。

フタとキャスターがついていて、このサイズでもお手頃な価格帯なのが魅力です。

食虫植物に快適な空間を作ろう

食虫植物を栽培する上で、欠かせない空間づくり。

特にネペンテスなど、高温多湿を好む品種を栽培する際には是非とも購入をオススメします。

予算やスペースに余裕がある方は、温室もオススメなのでぜひ検討して見てくださいね。

ネぺ吉
最後まで読んでくれてありがとう
詳細はコチラ
【家庭用温室10選】ビニール温室?グロウテント?冬越しはどうする?室内・戸外で食虫植物栽培に使うならコレ!

続きを見る

食虫植物について知りたい方はコチラ
【食虫植物とは】不思議な食虫植物は800種以上!?奇妙な見た目や魅力は捕食方法から4つに分けることができる?人気種から、生息域、特徴など

続きを見る

  • この記事を書いた人

ネペ吉

ネペンテス(ウツボカズラ)にハマった食虫植物。 仕事はセレクトショップにて8年経験ののちWEB業界に転職した。 柴犬を飼って、自然に囲まれた場所で生活をすることが夢。

-栽培関連
-