ネペンテス(ウツボカズラ)

【ネペンテス・ラヴィコーラ】綺麗な襟を付ける高山系ネペンテス(ウツボカズラ)。基本情報や特徴、適正温度など【ハイランド種】

2023年4月8日

  1. HOME >
  2. 食虫植物 >
  3. ネペンテス(ウツボカズラ) >

【ネペンテス・ラヴィコーラ】綺麗な襟を付ける高山系ネペンテス(ウツボカズラ)。基本情報や特徴、適正温度など【ハイランド種】

2023年4月8日

襟のコントラストがとても綺麗な袋を付けるネペンテス(ウツボカズラ)。

高山に生息しており、日本での流通はほとんどありません。

そんな、ネペンテス・ラヴィコーラを紹介していきます。

ネペンテス・ラヴィコーラってどんな食虫植物?

ハイランド種の中でも流通数が少なく、

栽培も難しいと言われているラヴィコーラ。

分類から生息場所などデンシフローラの特徴を紹介します。

オススメ度 ★★★★★
栽培しやすさ
入手しやすさ
価格の手頃さ
見た目の良さ ★★★★★

※見た目の良さは完全に主観です

分類

分類 被子植物 angiosperms
真正双子葉類 eudicots
コア真正双子葉類 core eudicots
ナデシコ目 Caryophyllales
ウツボカズラ科 Nepenthesceae
ネペンテス属 Nepenthes
ネペンテス・ラヴィコーラ Nepenthes.lavicola

名前の由来

名前の由来は不明でした。

捕虫袋の大きさ

どのくらいのサイズになるのか不明です。

恐らく10cmから15cmほどだと推定されます。

捕虫袋の特徴

ハイランドらしい赤みの強い色は産毛のような細い毛が付いていて、

細長い形の袋が特徴です。

襟はグリーンとレッドが綺麗にラインで現れ、

ローウィーの交配種にも似たような印象です。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)とは】世界には150種以上!?捕食袋の仕組みや花言葉、人気な種って?

続きを見る

ネペンテス・ラヴィコーラの生息域

参考程度ですが、ラヴィコーラの生息域の環境です。

  最低 最高
標高 2000m 2600m
日中の気温 19℃ 25℃
夜間の気温  9℃ 15℃

生長に時間がかかりますが、

高山に生息している種の中では挑戦しやすい種です。

生息場所

スマトラ島の高山に生息しています。

ネペンテス・ラヴィコーラの価格

日本ではほぼ流通しておらず、

入手は困難です。。

ネペンテス・ラヴィコーラの相場

海外でも販売されているサイトはなかったので、

相場は不明です。

ネペンテス・ラヴィコーラの交配種

交配種も見つかりませんでした。

もしご存知の方がいたら、ネペ吉のインスタグラムまで連絡いただけたらとても嬉しいです。

ネペンテス・ラヴィコーラを育ててみたい

ハイランド特有の赤みと襟の色味が特徴的なネペンテス(ウツボカズラ)。

栽培は難しいですが、標高2000m台から生息しているだけあって、

他のハイランドよりは栽培しやすいと思います。

ぜひ機会があれば育ててみたいです。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)】栽培難易度MAX!?標高1600mから3500mまでに生息する超個性的なハイランド種、ローウィやエドワードシアナなど【計17種】

続きを見る

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)】標高1500mから2800mまでに生息する、食虫植物マニアに人気のハイランド種、ハマタなど【計17種】

続きを見る

他の食虫植物を知りたい方はコチラ
【食虫植物とは】不思議な食虫植物は800種以上!?奇妙な見た目や魅力は捕食方法から4つに分けることができる?人気種から、生息域、特徴、捕食の仕組みなど

続きを見る

  • この記事を書いた人

ネペ吉

ネペンテス(ウツボカズラ)にハマった食虫植物。 仕事はセレクトショップにて8年経験ののちWEB業界に転職した。 柴犬を飼って、自然に囲まれた場所で生活をすることが夢。

-ネペンテス(ウツボカズラ)
-, ,