ネペンテス(ウツボカズラ)

【ネペンテス・ミンダナオエンシス】日本人植物学者が発見したネペンテス(ウツボカズラ)。基本情報や特徴、適正温度など【ローランド~ミドルランド種】

  1. HOME >
  2. 食虫植物 >
  3. ネペンテス(ウツボカズラ) >

【ネペンテス・ミンダナオエンシス】日本人植物学者が発見したネペンテス(ウツボカズラ)。基本情報や特徴、適正温度など【ローランド~ミドルランド種】

アラータの近親種と言われている

ネペンテス・ミンダナオエンシスを紹介していきます。

ネペンテス・ミンダナオエンシスってどんな食虫植物?

分類から生息場所など

ミンダナオエンシスの特徴を紹介します。

オススメ度 ★★★★★
栽培しやすさ ★★★★
入手しやすさ ★★★
価格の手頃さ ★★
見た目の良さ ★★★★★

※見た目の良さは完全に主観です

分類

分類 被子植物 angiosperms
真正双子葉類 eudicots
コア真正双子葉類 core eudicots
ナデシコ目 Caryophyllales
ウツボカズラ科 Nepenthesceae
ネペンテス属 Nepenthes
ネペンテス・ミンダナオエンシス Nepenthes.mindanaoensis

日本の植物学者である倉田茂雄氏によって、

2001年に発見されました。

名前の由来

ミンダナオ島に生息するネペンテス(ウツボカズラ)として、

名付けられました。

捕虫袋の大きさ

最大サイズは不明ですが、

15〜20cmほどのサイズになります。

捕虫袋の特徴

アラータの近親種と言われていて、

くびれのあるフォルムが似ています。

赤みの斑模様が多く入ります。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)とは】世界には150種以上!?捕食袋の仕組みや花言葉、人気な種って?

続きを見る

ネペンテス・ミンダナオエンシスの生息域

参考程度ですが、ミンダナオエンシスの生息域の環境です。

  最低 最高
標高 0m 1400m
日中の気温 25℃ 35℃
夜間の気温 15℃ 25℃

生息場所

フィリピンのミンダナオ島とディナガット島に自生しています。

低地から山腹まで、生息する標高域が広いです。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)育て方】水やり、管理方法って?用土や植え替え、オススメの栽培方法など【ローランド種】

続きを見る

ネペンテス・ミンダナオエンシスの価格

国内、海外問わずとても人気の種ですが、

価格は高めです。

ネペンテス・ミンダナオエンシスの相場

原種は高価な個体もあり、

子株であれば価格10000円から20000円ほどします。

ネペンテス・ミンダナオエンシスが購入できるお店

ネットであれば、原種・交配種ともに、

購入することができます。

食虫植物の専門ショップで探すのが良いです。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)購入方法・販売価格】ホームセンターから人気のネットショップなど【ローランド種】

続きを見る

ネペンテス・ミンダナオエンシスを育ててみよう

アラータの近親種なだけあって、スタンダードな種類をすでに栽培している方にも、

始めて栽培するという方にもオススメできる種です。

気になる方はぜひ育ててみてください。

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)】標高0mから1600mの広域に生息するローランド〜ミドルランド種、アラータやビーチー、ミラビリスなど【計20種】

続きを見る

関連ページ
【食虫植物ネペンテス(ウツボカズラ)】標高750mから2150mまでに生息するローランド〜ミドルランド種、パラワネンシスやペルタタなど【計36種】

続きを見る

他の食虫植物を知りたい方はコチラ
【食虫植物】奇妙な見た目や魅力を持つ、不思議な食虫植物は800種以上!捕食方法4分類!人気種から、生息域、特徴、捕食の仕組みなどを紹介します

続きを見る

  • この記事を書いた人

ネペ吉

ネペンテス(ウツボカズラ)にハマった食虫植物。 仕事はセレクトショップにて8年経験ののちWEB業界に転職した。 柴犬を飼って、自然に囲まれた場所で生活をすることが夢。

-ネペンテス(ウツボカズラ)
-, ,