ディオネア(ハエトリグサ) 食虫植物

【食虫植物ハエトリグサ(ハエトリソウ)種類・品種】定番種からビックマウスやシャークティースなど【人気の9種】

2022年3月30日

  1. HOME >
  2. 食虫植物 >
  3. ディオネア(ハエトリグサ) >

【食虫植物ハエトリグサ(ハエトリソウ)種類・品種】定番種からビックマウスやシャークティースなど【人気の9種】

2022年3月30日

ハエトリグサ(ハエトリソウ)は1属1種の食虫植物!

この記事はこのような方にオススメ

  • ハエトリグサ(ハエトリソウ)にどんな種類があるのか知りたい
  • 特徴を知りたい
  • 栽培しやすい種を知りたい

ハエトリグサ(ハエトリソウ)の特徴的な見た目と、日本国内での栽培のしやすさから特に人気のある食虫植物といえます。

実は元々は1属1種のみの食虫植物というのはご存じですか?

生息域もほかの食虫植物と比較すると限定的で、アメリカ合衆国南東部のノースカロライナ州、サウスカロライナ州などの東海岸の湿地のみとなっています。

その育てやすさから、近年は人口交配種が数多く作られています。

このページでは初心者でも栽培しやすい食虫植物のハエトリグサ(ハエトリソウ)の定番種や人気の種などを紹介します。

ここで紹介している種を知れば、あなたも明日からハエトリグサ(ハエトリソウ)マニアになれます。

食虫植物の中でも特に栽培しやすい?

ひとえに食虫植物といっても数多くの種が世界中に生息しています。

食虫植物の共通点として枯渇した土壌で独自に進化してきているのですが、

例えばネペンテス(ウツボカズラ)は東南アジアの熱帯地域、サラセニア(ヘイシソウ)はアメリカ南部や東部、セファロタス(フクロユキノシタ)はオーストラリアの限られた地域のみに生息している、など環境は様々です。

栽培する上で最も大事なのが生息している種の環境にいかに近づけられるかというのがポイントになるのですが、

ハエトリグサ(ハエトリソウ)が自生しているアメリカ合衆国南東部のノースカロライナ州、サウスカロライナ州などの東海岸の湿地帯は日本と環境が非常に近いのです。

そのため、他の食虫植物を育てるときに必要な温度管理器具や栽培ケースがなくても栽培できるので、

リーズナブルかつ栽培者の負担が少ないのもハエトリグサ(ハエトリソウ)のメリットと言えるのではないでしょうか。

詳細はコチラ
【食虫植物ハエトリグサ(ハエトリソウ)育て方】水やり、管理方法って?用土や植え替え、オススメの栽培方法など

続きを見る

定番種から、人気種まで形はさまざま

元々は1属1種のハエトリグサ(ハエトリソウ)ですが、

人工交配などで様々な種が作られてきました。

ほとんどの方がハエトリグサ(ハエトリソウ)と聞くと、マシスプラ・オールドタイプという原種を思い浮かべるでしょう。

ハエトリグサ(ハエトリソウ)はこの人工交配によって、「エクレタ型」と「ロゼット型」に分けられるようになりました。

「エクレタ型」は葉っぱが上を向くオーソドックスな形で、

「ロゼット型」は一輪の花のように地面に這って葉をつけ、中心から放射状に広がります。

ここでは原種から、エクレタ型、ロゼット型の人気種をいくつか紹介していきます。

色々な種類を知り、好みの種を探すのも楽しいですよ。

ハエトリグサ(ハエトリソウ)の原種!

日本国内で最も栽培している方が多いと言われている二種を紹介します。

比較的育てやすく、見た目も誰もがイメージするハエトリグサ(ハエトリソウ)であり、価格帯もお手頃です。

ホームセンターやネットなど様々なお店で入手できるのもポイントです。

ディオネア・マスシプラ "オールドタイプ"

日本国内で最も栽培されている種です。

ホームセンターやお花屋さんなどで販売されているハエトリグサ(ハエトリソウ)はほとんどがマスシプラ・オールドタイプになります。

このハエトリグサ(ハエトリソウ)は捕食葉が綺麗な黄緑色で内側部分に赤みがあります。

様々なキャラクターに用いられた特徴的な見た目は人工交配によって数多くの種が作られるようになったのも頷けます。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ”オールドタイプ”】ハエトリグサ(ハエトリソウ)の原種。基本情報から育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

エクレタ型の人気ハエトリグサ(ハエトリソウ)

続いて、エクレタ型のハエトリグサ(ハエトリソウ)を紹介していきます。

認知度や販売しているお店は限られますが、マスシプラ・オールドタイプに引けをとらない人気種です。

実店舗で販売されているお店はかなり限られてくるため、ピンポイントでこの種が欲しい、という時はネットショップで探すことをお勧めします。

ディオネア・マスシプラ "レッドピラニア"

この種はハエトリグサ(ハエトリソウ)レッドピラニアと販売されることが多いです。

育ってくると、鮮やかな赤紫色の捕虫葉になり、その色味から非常に人気です。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ"レッドピラニア"】赤紫色の捕虫葉と長く伸びる見た目が特徴的なハエトリグサ(ハエトリソウ)。基本情報や育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ディオネア・マスシプラ "シャークティース"

地面近くに捕虫葉を付けることが多いハエトリグサ(ハエトリソウ)の中で、まるで首のような茎をにょろっと伸ばし、綺麗な黄緑色の捕食葉を付ける種です。

葉の棘が短くギザギザしているのがサメに似ていることからこの名が付けられました。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ"シャークティース"】鮫の口のような捕虫葉を持つハエトリグサ(ハエトリソウ)。基本情報や育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ディオネア・マスシプラ "レッドドラゴン"

1990年代後半から市場で販売されるようになった種で、ハエトリグサ(ハエトリソウ)赤い竜としても販売されています。

こちらも首のような茎が長いのが特徴です。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ”レッドドラゴン”】別名「赤い龍」と呼ばれるハエトリグサ(ハエトリソウ)。食虫植物でも非常に珍しい赤紫色。基本情報や育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ディオネア・マスシプラ "ホエール"

名前のようにクジラの髭のような捕虫葉をつけるのが特徴です。

市場にはあまり出回っていないと言われています。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ"ホエール"】市場にあまり出回っていない、珍しいハエトリグサ(ハエトリソウ)。基本情報から育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ロゼット型の人気ハエトリグサ(ハエトリソウ)

ハエトリグサ(ハエトリソウ)がすでに個性的な植物ですが、

その中でも更に個性的な種がロゼット型です。

こちらも実店舗ではなかなかお目にかかることはないと思うので、ネットショップで探すことをお勧めします。

ディオネア・マスシプラ "ビッグマウス"

ハエトリグサ(ハエトリソウ)の中でも特に大きな捕虫葉を付けるのがビッグマウスです。

内側が色鮮やかな赤色になり、短い葉柄なのも特徴です。

たまにホームセンターなどでオールドタイプに交じって販売されてたりもします。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ"ビックマウス"】ハエトリグサ(ハエトリソウ)の中でも大きな捕虫葉はインパクト大。基本情報から育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ディオネア・マスシプラ "ピンクビーナス"

個性的なロゼッタ型の中で、赤色の捕虫葉をつけるハエトリグサ(ハエトリソウ)です。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ”ピンクビーナス"】希少性ロゼット型の中でも珍しい赤色のハエトリグサ(ハエトリソウ)。基本情報から育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ディオネア・マスシプラ "B52"

ハエトリグサ(ハエトリソウ)の中でも、ビックマウスと並んで大きくなると言われている種です。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ"B52"】ビックマウスと並んで大きな捕食葉を付けるハエトリグサ(ハエトリソウ)。基本情報や育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ディオネア・マスシプラ "カップトラップ"

捕虫葉がカップのような丸みのある形になるのが特徴です。

色は黄緑色が強い印象です。

詳細はコチラ
【ディオネア・マスシプラ"カップトラップ"】丸みのある捕食葉にチクチクの口が可愛いハエトリグサ(ハエトリソウ)。基本情報や育て方、オススメの栽培方法など

続きを見る

ハエトリグサ(ハエトリソウ)をもっと知りたい?おすすめスポット

育てる前に実物を見てみたい、興味はあるけど育てるまではいかない、という方にはハエトリグサ(ハエトリソウ)を直接見に行ってみてはどうでしょうか。

僕は10年程前から食虫植物を育ててみたいという気持ちがあったのですが、なかなか、いざ購入し育てる、というところまでには時間がかかりました。

ここでは食虫植物が数多く見られる植物園を紹介します。

既に育てている方なら尚更楽しいと思います。

東京、新宿御苑

世界一、人口密度の高い(?)新宿にある「新宿御苑の大温室」です。

新宿御苑自体が大きな公園になっているので、大温室以外にも原っぱでピクニックしたり、近場の飲食店に寄ったりもでき、一日中楽しめるのも良いです。

大阪、 咲くやこの花館

関西きっての食虫植物を取り扱う「咲くやこの花館」では常設展でも十分に多種多様な食虫植物を見ることができます。

ここの特徴は亜熱帯と高山帯、どちらの食虫植物も見れることではないでしょうか。

食虫植物の聖地?兵庫フラワーセンター

日本国内で食虫植物好きに最も有名な植物園といえばここでしょう。

「食虫植物の聖地」と言われるくらい数多くの食虫植物が栽培されており、「食虫の神」と呼ばれる栽培のスペシャリストが在籍しています。

まだ僕は行ったことがないのですが、兵庫に足を運んだら必ず行きたい植物園です。

イベントレポート 植物園

2022/9/21

【箱根湿生花園】約100種700点の食虫植物が展示!?夏開催の食虫植物イベント&即売会「世界の食虫植物展」【2022年食虫植物イベント】

猛暑が続いていた8月も涼しい日が出てきて夏の終わりを感じさせます。 あっという間に過ぎ去った今年の夏最後の食虫植物イベントとして、 8月某日、箱根湿生花園で開催中の「世界の食虫植物展」に行ってきました。 今回も即売会に行くために事前に予定を合わせて、一か月以上前から楽しみにしていました。 そして今回は野外の植物園なため、今までの温室とはまた違った雰囲気なんじゃないかと想像しながら、 どんな食虫植物が見れるのか、凄くワクワクしています。笑 探している食虫植物がいたら購入しようかと思っています。 ネぺ吉箱根ま ...

ReadMore

イベントレポート 植物園

2022/9/21

【神代植物公園】夏開催の食虫植物イベント&即売会「真夏の植物ワンダーランド夏休み特別企画”食虫植物展”」【2022年食虫植物イベント】

猛暑が続く8月は小学生や中学生が夏休みの時期ですね。 8月某日、神代植物公園で開催中のイベント「夏休み特別企画”食虫植物展”」に行ってきました。 どんな食虫植物が見れるのか、凄くワクワクしています。笑 そして今回も即売会もやっているとのことなので、 探している食虫植物がいたら購入しようかと思っています。 ネぺ吉それにしても暑かったね、、 暑かったぁ、、もうへとへと、、ネペ花 ネぺ吉大変だったよね、、笑 よかったら最後まで読んでね~ 目次‐Contents‐神代植物公園 イベント「真夏の植物ワンダーランド ...

ReadMore

夢の島熱帯植物館

イベントレポート 植物園

2022/9/21

【夢の島熱帯植物館】夏開催の食虫植物イベント&即売会「食虫植物と太古のいきもの展」【2022年食虫植物イベント】

季節も夏となり、今年の7月は例年よりも暑い日が続いていますね。 まさに「食虫植物の夏2022」といわんばかりの日に、 夢の島熱帯植物館で開催中のイベント「食虫植物と太古のいきもの展」に行ってきました。 4月にも一度訪れた場所なのですが、このようなイベントをやっている時に行かないわけにはいかないのが食虫植物が好きと言える所以だと勝手に思っています。 どんな食虫植物が見れるのか、凄くワクワクしています。笑 そして今回は「ヒーローズピッチャープランツ」の即売会もやっているとのことなので、 気に入った食虫植物がい ...

ReadMore

植物園

2022/9/21

【板橋区立熱帯植物館(グリーンドームねったいかん)】板橋区の熱帯雨林!?食虫植物好きにオススメの植物園

気温が30度も超えるようになってきた6月中旬、 いよいよ食虫植物のシーズン真っ只中です。 世の中が食虫植物の情報で溢れる季節は最高ですね。笑 梅雨入りもし、特にネペンテス(ウツボカズラ)など熱帯系の植物が最も生長する時期でもあります。 そんな6月某日、気温25度を超える少しだけ曇りの日に「グリーンドームねったいかん」とも呼ばれている、板橋区立熱帯環境植物館に行ってきました。 ネぺ吉楽しい植物園だったよ 最後まで読んでねえネペ花 ここも都内で食虫植物が見れる植物園ということで、去年からずっと行きたかった場所 ...

ReadMore

植物園

2022/9/21

【夢の島熱帯植物館】海の上のジャングル?新木場にある、食虫植物好きにオススメの植物園

季節も夏間近となり、暖かい日が続くようになってきた4月下旬。 気温が上がってくると、食虫植物のシーズンが到来したなっていう気にもなります、、よね? そんな4月某日、気温25度を超える快晴の日に夢の島植物園に行ってきました。 ネぺ吉夢の島植物園めっちゃよかったよ 最後まで読んでね~ネペ花 ここは食虫植物が数多く見れる植物園ということで、去年からずっと行きたかった場所です。 凄くワクワクしています。笑 目次‐Contents‐そうだ、夢の島植物園に行こう①夢の島植物園に向かう②夢の島植物園③新木場夢の島には食 ...

ReadMore

都会のど真ん中にある温室!新宿御苑の大温室に行ってきた56

植物園

2022/9/19

都会のど真ん中にある温室!新宿御苑の大温室に行ってきた

先日、新宿御苑の大温室に行ってきました。 ネペンテス(ウツボカズラ)のコーナーも含めて、これが都会のど真ん中にある温室なのか?というくらい見所満載でした。 新宿御苑は園内も非常に広いので、都会にいながら、都会の喧騒を忘れられる場所だと思います。 人混みや都会に疲れた方にぜひオススメです。 目次‐Contents‐そうだ、新宿御苑に行こう①新宿御苑に向かう②新宿御苑の大温室③新宿御苑は他にも楽しめるところが沢山ある そうだ、新宿御苑に行こう 夏の暑さも和らいできた初秋、最近は台風もチラホラ来ていますが、天気 ...

ReadMore

イベントレポート 植物園

2022/8/4

大阪の植物園 咲くやこの花館 イベント「虫を食べる植物展2021」②

前回の続き。 前回の記事はコチラから。イベント概要なども下記の記事内にあります。 大阪の植物園 咲くやこの花館 イベント「虫を食べる植物展2021」② 常設展を見終わり、案内通り「花回廊」へ。 花回廊 1階にあるイベントスペースへの途中に、その外周に「花回廊」がありました。 今回のイベントに合わせたであろう食虫植物の絵がずらり。 ネペンテスはウツボカズラ表記になっていますね。 プロの方が描いた絵は非常にクオリティが高い。 図鑑以外でなかなか目にすることがない忠実な絵はとてもリアルです。 また、花回廊の途中 ...

ReadMore

イベントレポート 植物園

2022/8/4

大阪の植物園 咲くやこの花館 イベント「虫を食べる植物展2021」①

先日、大阪旅行に行った際に花博記念公園にある、咲くやこの花館に行ってきました。 「虫を食べる植物展」というタイトルの通り、食虫植物の特にネペンテス(ウツボカヅラ)が想像以上にたくさんありました。 植物館の食虫植物イベントは、ネペンテス(ウツボカズラ)をたくさん見れたので足を運べる方はぜひオススメです! ※当記事は「咲くや この花館」の利用規約に基づいて作成しています。 目次‐Contents‐大阪の植物園 咲くやこの花館 イベント「虫を食べる植物展2021」開催概要①咲くやこの花館に向かう②大阪の植物園 ...

ReadMore

イベントレポート 植物園

2022/8/4

上野国立科学博物館 特別展「植物 地球を支える仲間たち」※大阪市立自然史博物館の追記あり

2021年8月某日、兼ねてから楽しみにしていた上野国立科学博物館の特別展、「植物 地球を支える仲間たち」に行ってきました! ひとことで言うと「植物ってめっちゃすごい」でした! コンセプトは恐らく「親子で楽しめる植物展」なのかなと思うのですが、 大人だけで言っても十分に楽しめますし、知らないことがいっぱいありました。 どのような食虫植物が展示されていたのかも紹介します! ※当記事はplants.exhibit.jp(特別展 植物 地球を支える仲間たち)の利用規約に基づいて作成しています。 ※展示の写真は撮影 ...

ReadMore

ハエトリグサ(ハエトリソウ)を育ててみよう

ひとえにハエトリグサ(ハエトリソウ)といっても、さまざまな見た目があります。

最初は1鉢だけだったけど気づいたら、、という栽培家の方も珍しくありません。

もしこの中でも気になった種がいたら、実店舗やネットで探してみるのはいかがでしょうか。

一度その魅力に気付くと、きっとハマりますよ。

関連ページ
【食虫植物ハエトリグサ(ハエトリソウ)購入方法・販売価格】ホームセンターから人気のネットショップなど

続きを見る

関連ページ
【食虫植物ハエトリグサ(ハエトリソウ)とは】実は原種は1種のみ?捕食の仕組みや花言葉、人気な種って?

続きを見る

他の食虫植物を知りたい方はコチラ
【食虫植物とは】不思議な食虫植物は800種以上!?奇妙な見た目や魅力は捕食方法から4つに分けることができる?人気種から、生息域、特徴など

続きを見る

  • この記事を書いた人

ネペ吉

ネペンテス(ウツボカズラ)にハマった食虫植物。 仕事はセレクトショップにて8年経験ののちWEB業界に転職した。 柴犬を飼って、自然に囲まれた場所で生活をすることが夢。

-ディオネア(ハエトリグサ), 食虫植物
-,